-

自動車での事故は自損事故と誰か他の人が関与した交通事故があります。自分自身だけの事故の場合は、自分自身だけで事故の対応をするだけで完了しますが、他者が関与した事故は各々にどの程度手落ちが存在したのかを確認して、それにより修理のお金や示談金かいくらのかなどが確定しますので、保険会社の人を交えての交渉が欠かせません。大概の自動車での事故の場合それぞれにいくらかの手落ちがあるケースが大部分でどちらかだけの間違いだという場面は少ないです。当然赤信号無視や一旦停止無視などの交通違反によって起きた事故は多大なミスになりますが、被害を受けた人にもミスが指摘されます。車での事故の場面では誰の手落ちが原因かという結果がすごく重要なポイントにされますのでこの結果を誰にも分かりやすく表現したものが『過失割合』です。赤信号で止まらなかったり、一旦停止無視場合ならば、法律では相手側がすべての間違いがあるように考えがちですが、事故の原因になった自動車が前の方からこちらに向かってきていて目でチェックできた時だとすると被害者でも注意不足であったとして10%程度の間違いがあると判断される状況もあります。その条件では相手9割、事故に巻き込まれた自分が1割過失と言われ責任が大きな側に大きな落ち度が問われる事になります。また車の事故の割合以前の事故の判例を元に決定されるケースが大いにあり、日弁連交通事故相談センターから示されている基準となるものが元として利用されます。この過失割合で、数値が高いほど間違い結論として賠償額も大きくなると判断されるので事故に関する交渉は当事者だけでなく車の保険の担当者に加わってもらって落ち着いて相談する事が不可欠です。